pk097b

以前、空き缶でストウブ風のココット鍋を作りましたが、ダイソーで可愛いコップカバーをみつけ今度はブリブリなラブリーなお鍋を作りました♪空き缶・空き瓶リメイク第6弾です
こちらダイソーのシリコンコップカバーです。シリコンなので色は塗れません(;^^)
pk363a

こんなにラブリーな感じです
pk364a

で、これに合う缶はイナバのバターチキンカレーの缶詰でした。後はダイソーでカットビーズの真珠と赤い色系を使います。
pk366

取っては、もうストウブ鍋ミルク缶で使ったので、平型アルミを持っていなかったので、3ミリのアルミを使う事にしました。このように折り曲げます。
ここで3ミリは流石にで折り曲げられないので、100均のペンチを買いました。今頃
pk371a

空き缶にキリで穴を2ヶ所開けます。簡単に開くので怪我に気をつけてください。
pk373a

アルミの取ってを差し込み側面に沿って折ります。(もっと短くても大丈夫です。初めに長くなりそのまま使用w)
想像で取ってを考えていたので、思った通り出来て良かった
pk375a

あとは、内側をアクリル絵の具の黒で塗り、
乾いてから缶の外側にアクリル絵の具の白と赤と白を混ぜピンク色にして、2種類塗りました。3~4回重ね塗りします。取っても塗ります。それと、ストウブの時に使ったスパチュラ風が5本入りだったので(お好みヘラね)2本をこちらでも使いました。これは白とピンクにヘラ返し部分手前まで塗ります。粘土に立てて乾かしています。
pki093a

取っては先ほどのビーズをグル―ガンで貼りました。
pk164a

シリコンコップカバーを乗せたら完成。
pk167a

中を見ると黒いからやはりしっかりしたお鍋に見えますね
pk162a

これがどちらでも合います。これは同色にバージョンです。
pk159a

スパチュラはこのようになります。下のヘラ返し辺りは、白とピンクの色を1本いれます。
持ち手部分は先ほどのビーズを貼りました^^
lb065

と言う事で、またラブリーなお鍋に合せてミニキッチンを作っています。また次回のリメイクの記事の時にでも^^
pk040a
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆少しだけ暑さがマシになりましたね?部屋の温度も2.3度違います。(←23度違いますよw)
起きる時に、リビングに差し込む強い日差しで目が覚めます。もしかして1日のうちで1番暑い時間なのかもしれません。けれどここ3日前くらいから、が冷たく感じ、寝る前もを閉めることがあります。
ようやく通常の暑さになった気がします。きっとに近づいているんだろうなぁ。
あっと言う間に過ぎ去っていきますね。あんなに暑い夏を過ごしたと言うのに、夏自身は素知らぬ顔でいつのまにか私たちの前から足跡を消し去るんだから。寂しげな秋はすぐそこまで近づいているはず。そう!食欲の秋が💦とはいえまだ夏が主役。ほんの少しだけ夏の終わりを感じる今日この頃。特に夏物セールの文字を見ると、寂しくなりますね

3つのランキングに参加しています!クリック応援~どうぞよろしくお願い致します!m(__)m


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪



おうちカフェ ブログランキングへ



***********************************