2012.11.15 ■ Dinner
tork5.jpg 

東京2日目のディナーは、何とパスタ7皿コース
こちらのお店のシェフの本を持っていたのでずーと気になっていたお店!
お店の トルッキオは九段下にあります。
九段下て爆風スランプ思い出します。大すきな歌~大きな玉ねぎのしたで

今回のたくさんした食事の中で実はここがかなり重要なお店だったのです。
友人が特別に注文してくれたパスタコース7品!
特にを見て、2つだけは入れて欲しいと言うのを相談して決めたのをお店に伝えて、後はお任せです!
少しパスタの勉強にと 来たかったお店だったのです。

あのランチ後にこれ・・・て言うかどんだけ食べるマルクさん!
アホちゃう?て思いますよね・・・
ちょっといろいろ事情がありまして・・・こんな感じで3日間の詰め込み式で異常に食べてます

けどどう見てもアホですね・・・まだ3日目も食べ続けますから・・・・

これこれ・・・憧れのパスタの道具キタッラを作るもの。席すぐ横の窓に飾ってありました。


キタッラはイタリア語でギターの意味です。
このパスタを作る道具が長方形の箱にギターの弦のように針金が張ってあり、この道具を使って作る事から
キタッラの名前がつきました。~


tork11.jpg 

まずは、パンです!
いくつかありましたが、これを食べるとパスタ7皿が食べれないかもしれないから、控えました。
ただ、ソースにつけては頂きました。

tork14.jpg 

1品目のパスタ
●伊勢海老とブラックオリーブを打ち込んだトリアンゴリ (ディープパスタの本P90・91掲載)

tork6.jpg 

こちらがそのオーダーしておいたパスタがまさかの1品目に出てくるとは?
友人と驚いたのですが、いきなり主役?と思ったのは大間違い!
それは序曲の始まりに過ぎませんでした。

伊勢えびが食べたかったわけではなく、そのブラックオリーブを詰めものパスタがメインです。
詰め物パスタのラビオリはもっちりとしていて日本人の大すきな触感。中身の伊勢えびの具が
また豪華でした。アメリケーヌソースが絡まり、何とも言えぬコク!

伊勢えびなんて結婚式以来食べてないな・・・・

tork7.jpg tork8.jpg

2品目のパスタ
●ポルチーニ茸のタヤリン(ディープパスタP33とP41の合作)

卵黄をだけを繋ぎにしてある、パスタ生地のタヤリン
家で3回ほど作ったことがありますが・・・
の作るのは、ある意味カップヌードルにどこか似ているお味と触感。(笑)

こちらは、生地をあのキタッラでカットされていて、シコシコもしていて触感が心地良い感じ。
卵黄のコクも!!!
それに、何よりもポルチーニ茸のすごい事!
これはいつも食べるポルチーニ茸とは比べられない~~友人も最高のポルチーニ茸だと言ったほど!
肉厚の触感にあの香り~これは、先ほどの1品目からドンドン上がっていくテンションでありました。

tork9.jpg 

3品目
●キャンディーパスタ(ディープパスタP104・P105掲載)

これすごく憧れいて、キャンディーの形のパスタなの。
これは注文しないと出てこないと聞いていたので、まさかコースに組み入れてくださっているとは!

tork5.jpg 

これいつか作ろうとずーと思っているもの
中を割ると、チーズフォンデューが出てきます!それもそんじょそこらのチーズではなかった~~~
かなり美味しいチーズにうなりました。
それもそのはず、フォンティーナチーズとタレッジョチーズのフォンデューだった。

tork4.jpg 

4品目
●赤座海老のピカッチェトマトクリームソース
・・・ピカッチェピカチュウでなくて??はじめて聞くパスタの名前でした。
どうも、リグーリア州のフェットチーネらしい。

赤座海老??はじめて食べる海老!手がチョキしてました(笑) すかさずグ~を出しちゃった。
テーブル席下でこっそり~~
海老の大きさと身の柔らかさとプルルンな触感に感動。

tork10.jpg 

は赤座海老の下にありますが、かなり厚め!なのにあの触感は絶妙!
でするとこれくらい厚めの生地だと、茹でると堅めだったり茹で足りなかったりしてしまいがちですが、
やはりプロ!全部の配合やタイミングも違いますね。

tork2.jpg 

5品目
●鴨とカルチョーフィのガルガネッリ 野菜を煮込んだ旨味たっぷりのソース
(ディープパスタP71掲載)

憧れのガルガネッリのパスタ!これも手作業でする道具ですが、なかなか職人さんがいなくて、
その道具も入手困難だそう!これすごく食べたかった麺!

目の前で白トリュフをすってくださいました!タップリかけられてもう倒れそうなほど~。
初めて食べるものが今回多かったのですが これはに一生?入れておくくらいの気持ちで、
香りを思いっきり嗅ぎました(笑) やっぱこの麺すき!綺麗な溝にソースが絡みます。
野菜の旨みってつくづくすごいなと思います。手のかけ方も違うとこうも味が違いますね。

tork3.jpg 

次はなんとオーダしておいた、このお店でも有名なビーゴリの麺!
これ麺の表面がささくれたっていて ソースとの絡みが良いのですが・・・
想像ではもっとぼそぼそ硬い麺だと思っていました。

なのにこのもっちりした麺!
これこれ・・・これ実は椅子みたいなものに座り生地を押し出しますが
何と友人と私にも経験させて下さいました。
ま・・・・友人だけさせてもらっていたのを、マルクさんも~と言われたから、できたのかも?(笑)

tork1.jpg 

御恥ずかしい姿ですが、こういう道具です!
私はスカートですがそんね・・・横座りなんてしながら、押し出すようなものではない!

がつんと、男前に座り?道具使いました!
こんな経験できないので、すごいです。から生地出てきているのわかりますか?^^


mmk6.jpg mmk7.jpg 

これを使い魚介をふんだんに使い紙包みにしてくださいました。 

6品目
●イカスミを打ち込んだビーゴリ 赤ムツと海の幸、ポルチーニ茸の紙包み焼き
(ディープパスタP52.P53掲載)

tork19.jpg 

目の前で見せて下さる紙の中身に度肝を抜きました!
すごい豪華な食材たち~~☆☆

tork18.jpg 

これをお皿に取り分けて下さいます。
麺はちなみに、一人50gです。
麺が・・・・ビーゴリ初体験ですが、美味しくてこの道具欲しくなりました!

魚介の旨みを麺がすい、ソースとの絡み、魚介の火入れの絶妙なこと。イカも貝類も柔らかい!!
何て美味しくて豪華なのでしょう。

tork17.jpg 

デザートまでパスタ!7品目
●カカオを打ち込んだコルツェッティ 沢山の果物とキャラメルのジェラート サバイオーネ・グラタン
(ディープパスタP143掲載)
 
憧れのパスタのコルツェッティ~~
ハンコの用にいろいろな柄のあるハンコのような道具でパスタを型抜きしたもの。
この道具以前欲しかったのですが、なかなかお高くて買えてない~

これがまさか頂けるなんて~カカオの生地がとても芳醇!?
中のグラタンソースも絶品で、いろいろなフルーツがまたこれまたない位の美味しさ!

とろけました~イチジクやオレンジ、洋ナシに柿や他もたくさん入ってます。

tork16.jpg 

●紅茶

tork15.jpg 

入店は開店1番にしているので、まだ早い時間から長く食べていました。


torkl12.jpg tork13.jpg

本で見た林シェフがまた挨拶して出てこられます。
すごい優しそうなお方!そのシェフの本はこちら~これが食べたものすべて載っています。
友人と憧れのシェフに会えて食べれて夢のようでした。 (本クリックでリンク先)


ディープ1 

帰りに頂いたお土産のお菓子がなんと絶品!ビスコッティてこんな美味しいの?

tt91.jpg tt92.jpg

林シェフはもともと大阪生まれ!親近感わくな(爆)

あ~パスタって奥深い~麺一つにしても全く別物ですね!
・・・・すごい食べますでしょ?ダイエット料理のランキングに登録しているのに、爆笑するしかない!