トマトカレー 
tkr8.jpg  

大すきなトマトをたくさん入れて水を入れずにトマトカレーを作りました。
まずはそのトマトですが、レシピブログさま×JA愛知みなみさまのモニターで頂きました!

20個もですか?嬉しい~~~♪リコピンパワーがたくさん採れます!

tkr7.jpg 

子供の頃からトマトが大すきでした。
私の母もやはり大好きで、私がお腹にいた頃にトマトを毎日食べていたそうです。
よくお腹にいた頃の母親が食べたものが影響すると聞きますね?
親子揃ってトマト好き!!

材料
トマト大・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5個(900g)
玉ねぎ大・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・300g
合挽き肉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・200g
エリンギ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1パック(2本入り)
ニンニク・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1かけら
オリーブオイル・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適宜
市販のカレールー・・・・・・・・・・・・・・・・・5かけら
クミン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ半分
醤油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ半分
蜂蜜・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ2
白ワイン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1

作り方
1、たまねぎはミジン切り、エリンギは少し大きめに切ります。(食感の違いを出したいので)


tkr6.jpg 

2、フライパンに(これ直径32cmのフライパン!980円でした。使いやすいの大きくて!!)オリーブオイルと
ニンニクとクミンを入れて炒めてから玉ねぎを入れてさらに炒めます。
少ししんなりしたら、ひき肉を入れてお肉の色が変れば、ざく切りのトマトを入れます。
芯だけ取りますが、私はトマトの皮も種も全部入れます!種が水を入れないので水分になります。

tkr5.jpg tkr4.jpg tkr3.jpg

グツグツ~蓋をして少し煮込むと水が~~トマトから出ます。カレールーを入れて溶かします。
白ワインと蜂蜜・醤油で味を調えます。

tkr2.jpg tkr1.jpg

ご飯はレーズンが合います!
今回は上にレーズンを乗せて見ました。ご飯にはパセリがあれば彩りに!

tkr9.jpg 

水が入らないのでトマトの濃厚なお味のカレーです。お肉のお味もするのでキーマーカレーにも似ています。
これ我が家では定番なお肉なしトマトカレーに今回は弾き肉を入れてみました!

tkr10.jpg 

これ5人家族で1回分!子供も大すきなので、トマトがたくさん手に入ったらよく作ります。

トマトを使ったカフェごはんの料理レシピ
トマトを使ったカフェごはんの料理レシピ


***************************************

@友達

友達・親友・友人・知り合い・悪友・幼馴染・竹馬の友・・・・・
いろいろな呼び方があります。

自分の中で相手をどの関係かを決めているのでしょうか・・・

私的にはすごく近い関係から順番に行くと・・・・
親友・友達・知り合いの順番かな?(3つだけを対象にすれば・・・)

もちろんこちらの思う関係とその人が思う関係が違う場合もありますね。
では何人の方が友達にいるのかな?て考えてしまいます。

学生時代の友達は今ではほとんど会わなくて年1回の年賀状しか連絡も取れていない状態。
かといってすごい久しぶりに会っても昔のまんま、す~~て話せるのが不思議!

では子供関係のママさん友達もいますね。
でもどこか、子供が絡むので学生時代の友達と同じではない気もします。

私が現在お付き合いしている、ママ友さん2人は子供関係なしで仲良くて、学生時代となんら変らないです。
週1回は会っていますし、ランチも良く行きます。
それは恥ずかしいくらいの内容の乙女な内容のメールだったり(笑)ね?

それとは別に友達・・・・こちらの友達はのすべてをさらけ出すというか・・・・
自分の嫌な部分もすべて見せて、そして怒ってもらい注意されてという関係。
(主にメールや電話でのお付き合い)

そうです。褒めてくれる人よりも、本気でダメな時に注意できる関係ってすごく難しいけれど、
信頼関係があってこその友達・友人の気がします。

長男の時にはほとんどママさんたちと交流できなくて(仕事関係で忙しくて)唯一仲良くしてもらった友達は一人だけ! その友達も本気で怒ってくれます。心配してくれます。
褒めるなんてもってのほか!ココダメよ!直したほうがいいよ! そんな言葉が飛び交います。
でも私はとても信頼していて今でも大すきな友達です。

人生でそんな本気の友達との出会いってすごく大切な事だと思います。
現実・ネット関係なく真の出会いはあるものだと私は思います。